老若男女問わずオススメ

アンデス住民の生命の糧「マカ」とは?


マカは、日本では体力回復や性機能の向上や不妊に、お悩みの方などに多く利用されていて効果を発揮しています。
マカはサプリメントの中でも天然の成分であるといったことはご存じですよね。

そもそもマカはどこに生息している植物かってご存じでしょうか。
マカは、南米アンデス地方の高原で自生しているアブラナ科の植物であり、約2000年前から栽培されているといわれています。
約2000年前に高地で生活していたといわれるチベット民族が民族移動をする場合にその時に大切にしていたといわれるマカをアンデスに持ち込んでそこで栽培しはじめたことで広まっていったといわれています。
昔からの歴史があるマカは、その時代から効果を非常に期待されているものになります。

また、非常に栄養価が高く一度栽培することでそこの栄養素を全て吸い取ってしまうといわれ、六年に一度しかその場所でマカを栽培することができないといわれています。
それだけ栄養価が高いとされているマカですからやはりみなが注目しますよね。
マカに含まれている成分で栄養価が高いとされているのが球根状の根に多く含まれているといわれていて、アンデス住民の方々はおかゆなどに混ぜて食べるといわれています。
日本でいう野菜と変わらない感覚で摂取しているようですから、食卓に並ぶのが当たり前といったように、様々な生活がある中でアンデス住民にとっては日常生活に欠かせないものとなっています。
また、私のマカ探し日記という体験談も参考になります。

マカが食卓にあがるということが日常的となっているアンデス住民の方々は、非常に高い栄養素をそのままにした植物自体よって摂ることができていますから、
みんな栄養価の高さには注目をあびていることでしょう。

このように、アンデス住民には当たり前となっているマカが日本でも注目を浴びるようになってきて、日本ではサプリメントとしてマカをすりつぶしてエキスを抽出したものが出回っています。
効果は少し劣ってしまうかもしれませんが、サプリメントとなっても効果に絶大な期待が寄せられています。